クーリエとフォワーダーの違いについて

ネコ先輩ネコ先輩

クーリエとフォワーダーの違いについて!


カモメ先輩カモメ先輩

6分3秒の動画解説やで!

今回はクーリエとフォワーダーの違いについて解説をしていきたいと思います。

貨物を海外に航空輸送する場合、クーリエを含めた複数のサービスがあります。

まずクーリエという言葉もあまり一般的ではないと思いますし、またその他のサービスの名称も馴染みがないかもしれません。

今回はそれぞれの国際航空輸送サービスの違いの全体像を理解したうえで、クーリエやフォワーダーを使ったときのメリットやデメリットについて解説をしていきます。

まずクーリエとは、国際宅配便のことです

海外への輸送ですがインボイスさえ準備すれば、日本の宅配便とそれほど手間は変わらず発送することができます。

クーリエ業者はDHL、Fedex、UPSが世界三大のクーリエ業者です。
自社の航空機を持ち、輸送し、通関をして、配送先までお届けします

クーリエ会社はフォワーダー業務もやっていますので、サービスを区別するためにここでは国際宅急便のサービスをクーリエと呼ぶことにします。

合わせてクーリエと混同されるEMSにも少しふれておきます。
EMSは国際スピード郵便で、郵便物として扱われます

クーリエは完全に民間企業が運営していますが、EMSは郵便事業を担う会社が運営をしています。

サービス的には送り主から配達先までに配達してくれるのであまり変わりません。

しかしEMSは国ごとに加盟している「万国郵便連盟」に加入している会社が扱うため、国ごとにサービスが違います

費用が一番安いですが、万が一貨物がなくなると 国ごとに業者が違うため貨物追跡が難しいのが難点です。
EMSは一般の個人貨物や、少額の郵便物などに使われることが多いです。

そしてフォワーダーとは、国際輸送業者のことを指します。

フォワーダーという業者は一般的に馴染みがないかもしれませんが、自社で船や飛行機を持たずに海外へ貨物を輸送手配する業者のことです。

クーリエではなかなか出来ない、それぞれの貨物にあわせた輸送を提案できます。

それでは、まずクーリエのメリットについて説明していきます。
クーリエの最大の特徴でありメリットは「輸送スピードが速い」ことです。

なぜ輸送スピードが速いのか?
それは輸送が非常にシステマチックになっており、早さに重点が置かれているからです。

通関はフォワーダーのやっている一般的な通関とは違い簡易通関というものなので、少額の輸入貨物の場合では簡易的な申請で許可が出るような手続きをしています。

配達日に関しては、アジア圏であれば1~3日、米国やヨーロッパであれば3~4日、その他地域は5日~6日ぐらいです

費用に関してはクーリエは少量の貨物であれば安いことが多いです。

またクーリエはパック料金になっていますので、配送先の国と重量と容積重量の大きい方を伝えれば金額が分かります。

注意点としては、パック料金に含まれていない金額があり、配送国の関税や消費税、配送先が僻地の場合は中継費用が発生することです。もしコンスタントに出荷があれば、値下げ交渉が可能な場合があります

そしてクーリエの依頼方法ですが、インターネットで所定のフォームに記入するだけで出来ます。
また貨物の引き取り依頼がお急ぎの場合、コールセンターに電話をして依頼をすることも出来ます。

クーリエ独自のメリットはあるのですが、デメリットもありますので合わせて見てみましょう。

クーリエのデメリットとして

・輸送できる貨物が限られている
大きい貨物は値段が割高
・イレギュラーな対応が難しい

などがあります。

一般的にクーリエで輸送できない貨物は、動植物、生鮮品、危険物、腐食しやすいものなどがあります。

またクーリエでは大きい貨物は割高になります。

一般的に45kgを超える大きさ・重さの場合はこの後に説明しているフォワーダーのサービスの方が価格面でメリットが出てきます。

そしてフレキシブルな対応が難しいこともデメリットです。

貨物の梱包対応や、配送先の変更、税金の立替払い、また通関で問題が発生したときには解決に時間がかかる場合があります

とにかくスピード重視なのでサービスの柔軟さにおいては難しくなる場面が多くなります。

フォワーダーのメリットもご紹介します。
フォワーダーでは個別にそれぞれのお客様の要望どおりに輸送することが最大の特徴です。

フォワーダーのサービスを利用すれば、お客さまの最重要視するポイントが 価格・スケジュール・貨物の安全性のいずれかの場合、船便・航空便・クーリエなど、それぞれの複数の選択肢の中で最も適した方法で輸送をすることが可能です

国際物流では問題発生することが多く、納期を変更したり、配送先を分けたり、特殊な通関をしたりと、クーリエでは対応しきれないところがフォワーダーの腕の見せ所です。

また、値段に関してはフォワーダーでは重量が多いほど単価が下がっていく傾向があり 大きな貨物・重い貨物を航空輸送する場合はフォワーダーをお勧めします

クーリエとフォワーダーのサービスの違いをご理解頂けましたでしょうか。
どちらも国際輸送をしていますが、クーリエはとにかくスピード重視の貨物。

値段は貨物の実重量・容積重量が45kg以下までならメリットがあります。
一方でフォワーダーのサービスはより柔軟で緊急事態にも迅速に対応をしてくれます。

金額としてもボリュームが大きくなればなるほどメリットがありますので 状況に応じてクーリエとフォワーダーを使い分ける方がいいでしょう。

・TwitterでDMを送る
https://twitter.com/iino_saan

・LinkedInでメッセージを送る
https://www.linkedin.com/in/shinya-iino/

飯野飯野

お問い合わせは「ツイッター」と「LinkedIn」のみで承っております。