北米トラックドライバー、ワクチン義務化による大量離職か?サプライチェーンが乱れる可能性も。

今日のテーマは北米のトラックドライバーのワクチン義務化についてです。

先週 アメリカのバイデン大統領はトラック会社のコロナ対策に関して計画を発表しました。それは100人以上の従業員が在籍する会社はドライバーのワクチンを義務化。もしくは週1回の検査の義務化をするという計画です。

2021年9月15日 イーノさんの物流ラジオ

イーノさんイーノさん

チャンネル登録よろしくお願いします!

ドライバーの一部がワクチン義務化に抵抗

現在 北米ではコロナのデルタ株が流行っているので感染拡大を抑えなければいけません。しかし、問題は一部のドライバーがワクチン接種の義務化に抵抗をしていることです。

必ずワクチンを摂取しなければいけないのであれば、従業員100人以下のワクチンが義務化されていない会社に転職するドライバーも一定数でいると考えられます

小売店に商品が陳列できない?

ご存知の通り昨今では外国からクリスマス商戦に向けて大量の貨物がアメリカに送られてきていますよね。その貨物をトラックドライバーが小売店に届けないと小売店の棚に商品が並んでいない状態になりかねません

もしそのようなことが発生するのであればトラック会社は小売側からの信用を失ってしまい、別のトラック会社への切り替えの検討材料になってしまいます。トラック会社としてはそれを避けなければいけません。

そういう意味でもトラックドライバーの確保は現状では大きな課題なのです。

ドライバーの離職によるサプライチェーンの乱れ

しかし北米の約97%の運送会社はトラック20台以下の規模で経営をしているとのこと。なので今回の計画は主に大企業に向けたものと考えられます。

大企業においてワクチン接種の義務化となれば、もしかしたらドライバーの大量離職になる可能性もあります。そうなるとただでさえ乱れているサプライチェーンに更なる混乱が発生しかねません

更なる物流の目づまえりへの懸念

トラックの大企業は自社の配送センターを抱えており、ドライバーがいなければ配送センターに貨物が滞りますそうなると配送センターに送る予定だった港にあるコンテナ貨物は、行き場所がなく引き続き港に滞留することになるのです

更なる物流の目詰まりに繋がってしまうので、この新しいドライバーに対する規制は単なるアメリカ内の問題には終わらないのです

ドライバーからの感染拡大

そもそもの課題である、ドライバーからコロナの感染拡大につながるのか?というポイントですが、私が活動するタイにおいては そのような事例があった模様です。

コロナに感染していたドライバーからの伝票の受け渡しの際の接触が、工場に感染者を発生させ工場が一時閉鎖されたという話を聞いたことがあります。

弊社が取引しているトラック会社では週に一回の検査をドライバーに義務付けて対応をしていますが、検査だけでどこまで感染を抑えられるかは疑問が残るところです

しかしタイではワクチンの流通量が足りていないので現状で出来る対策をしなければいけません。

まとめ

話は北米のドライバーのワクチン義務化に戻りますが、ワクチン摂取が まさかサプライチェーンの乱れにつながる可能性があるなんて思いもしませんでした。

それほどまでに現在のサプライチェーンにおいては緊張の糸がピンと張った状態です。この情報については引き続きアップデートをしていきたいと思います。